【本能に従順な山伏を攻略】にゃんこ大戦争で使える無課金キャラとおすすめ編成

本能に従順な山伏はえぬき三連山
ども。にゃんこジャーニーです。

今日はにゃんこ大戦争の真レジェンドステージ『はえぬき三連山』の最終ステージ”本能に従順な山伏”攻略法をお話します。

強化された敵が湧き出てくるので、数で対抗していく戦略を使いました。

本能に従順な山伏のポイント
  • フルボッコなど無属性のキャラが強化されている
  • 敵の数が多い。どんどん出てくる
  • ダディの波動が厄介
  • 墓手花子の潜りが面倒

ではさっそくステージ攻略におすすめの編成や攻略の流れを解説していきますね。

もし動画で見たい方はYouTubeを参考にしてください。

にゃんこ大戦争『本能に従順な山伏』の攻略に使えるキャラと編成

本能に従順な山伏の編成

本能に従順な山伏の攻略に使えるキャラと編成は上の画像の通りです。

おすすめ編成

■アタッカー

  • 宮木武蔵…波動無効特性
  • 大狂乱のネコキングドラゴン
  • ネコキングドラゴン
  • 大狂乱のムキあしネコ
  • 天空のちびネコ…ゾンビ蘇生無効化
  • 大狂乱の天空のネコ

■カベ

  • ネコリベンジ…ふっとばすで妨害も兼ねる
  • 大狂乱のネコモヒカン
  • 大狂乱のゴムネコ
  • ゴムネコ

編成のポイントはダディの波動があるので、波動無効のキャラを入れること。

またはキングドラゴンのように波動に耐えられるキャラで組みましょう。

 

あとは墓手花子対策にゾンビふっとばす特性があるキャラもおすすめ。

超激レアで固めると墓手花子にどんどん潜られるので、数で攻めた方が良いかもですね。

壁は3体あれば十分です。

 

アイテムは必要ありません。

ステージ序盤でお金を貯めるのが面倒ならネコボンを使ってもいいかなという程度です。

スポンサーリンク

にゃんこ大戦争『本能に従順な山伏』を攻略する方法

ではさきほどの編成を中心に本能に従順な山伏の攻略方法を解説していきます。

まずステージ序盤でフルボッコが出てくるので、お金を貯めて働きネコのレベルを上げましょう。

天空のちびネコだと射程が足りないので、大狂乱の天空のネコを使います。

本能に従順な山伏のフルボッコ

お金が貯まり次第、宮木武蔵を出していきます。

押し込まれたときに2体目が出せるように早めに出しました。

本能に従順な山伏のワンコ

あまり早く城を叩かないように、単体攻撃のキングドラゴン2体を出して攻撃キャラを揃えていきます。

城を叩くとドバっと敵キャラが出てくるので、気合をいれましょう。

本能に従順な山伏のダディ

最初は金欠問題があるので、大狂乱の天空のネコ、天空のちびネコを優先して出します。

無属性の敵キャラには大狂乱の天空ネコ、ゾンビには天空のちびネコで応戦。

お金が貯まったら大狂乱のムキあしネコやキングドラゴン2体を出して前線を維持します。

本能に従順な山伏の墓手花子

城を叩いた直後に出てきた敵キャラを倒すとお金が貯まるので、もう金欠の心配はありません。

準備が整ったキャラからどんどん出していきます。

あとはダディの波動が出ないように祈りながら、全キャラをフル動員させます。

本能に従順な山伏のゾンビ

墓手花子には潜られますが、こちらの数が多いのでノックバックもできます。

時間を稼いでダディを倒せばあとは大丈夫。

本能に従順な山伏の攻略

墓手花子が自分の城に届く前に相手の城を破壊できました。

墓手花子も倒したかったのですが、今回は先に城を叩いて攻略です。

スポンサーリンク

にゃんこ大戦争の本能に従順な山伏は行列にスキマを開けず攻略できる

本能に従順な山伏の編成

今回はにゃんこ大戦争の真レジェンドステージ『はえぬき三連山』から”本能に従順な山伏”の攻略方法を解説しました。

墓手花子に潜られると厄介なので、味方キャラの隊列にスキマを作らないのがポイント。

 

そういう意味では攻略してから気づいたのですが、壁キャラは足が遅い方がよかったかも。

ダディの波動があるので、生き残り特性がある壁キャラがいれば編成に入れましょう。

次のステージ⇒にゃんこ大戦争の『マリン官邸』の攻略法

 

もし攻略できなかったり、わからない点があればコメントをしていただければ回答します。

またTwitterやYouTubeで攻略動画やにゃんこ大戦争を一緒にプレイする友達を募集しているので登録お願いします。

僕がにゃんこ大戦争のガチャを"実質無料"で引いている方法 
ども、にゃんこジャーニーです。 僕はガチャを引くとき、お小遣いなど自分のお金を使ったことはありません。 毎日コツコツと"にゃんチケ"と"ネコ缶"を集めて、レアチケットに変えたりしています。 ...

コメント